自分にあうかつらでコンプレックス解消|ヘアボリュームUP

看護師

品質の高いものを選ぶ

白衣

医療用帽子やかつらは沢山のメーカーから販売されています。なお、自然にヘアスタイルを見せる為にも品質に優れているタイプを選んでおくことが肝心になります。中には人毛を使用したタイプもあります。

View Detail

メンテナンスをチェック

病院

普段から使うことになる医療用帽子やかつらは、メンテナンス面でも取扱いに注意をしておかなければなりません。帽子であれば洗濯をする際の洗剤や洗い方になりますし、かつらは髪の毛部分をお手入れすることが考えられるでしょう。メンテナンスを怠っていると、帽子やかつら自体の機能性を低下させてしまい、長く使えないような状態になってしまうことも考えられます。このようなことがないように、販売店で確認をして医療用帽子やかつらの取扱いとメンテナンスをしっかりしていきましょう。

基本的に、医療用帽子やかつらを選ぶ時に一番気を付けておかないといけないことはサイズ感。頭のサイズというのは同じように見えてそれぞれ大きさや形が異なります。ですから本当に使える医療用帽子やかつらを選んで使うことが大切です。また、普段のサイズとは違って病気やケガをした時は髪の毛が薄いもしくは無い状態で使われることが多いです。その為、頭のサイズが髪の毛の影響を受けて小さくなっていることも考えられます。サイズ違いの医療用帽子やかつらを使っていると、頭から浮いたような状態に見えてしまいます。バッチリ当てはまるものを使う為に試着ができる時はお試しをしてから買うようにしておきましょう。

自分の頭に合っているかつらを選んでおくことによって、毎日のヘアを理想に近いものに仕上げていくことが出来るので楽しい気持ちになれることでしょう。また、メンテナンスを定期的に行なっておくことも大切です。使用すればするほど劣化が進んでしまうため、長持ちするように汚れや変形がないか確認をし、直していくことが必要になります。

通気性にこだわる

ナース

帽子やかつらを被る際に注意したいのが通気性という点です。蒸れていると不快感を感じてしまうことは勿論、薄毛の原因にもなってしまいます。医療機関で使用しているタイプも多数あります。

View Detail

バリエーションが多い

医者

医療用帽子やかつらには沢山の種類があります。上手く使い分けていくことによって様々なヘアスタイルを楽しめます。病気や怪我などで髪を失った場合でもこれらの精神的ダメージを軽くすることが出来ます。

View Detail